本文へ

成田赤十字病院


文字のサイズ :
診療科・部門紹介

診療受付時間のご案内

受付時間 8時30分から11時

※小児外科・形成外科
8:30〜15:30
※自動再来受付機
7:30〜11:00

但し、診療開始は小児外科14:00から形成外科13:30からです。

休診日 土曜日・日曜日 祝日 年末年始(12月29日から1月3日) 創立記念日(5月1日)

※上記以外にも、科によっては、休診の曜日があります。詳しくは外来案内をご覧ください。

外来案内

【現在地】 ホーム > 診療科・部門紹介 > 泌尿器科 > 前立腺癌に対するHIFU(高密度焦点式超音波療法)療法について

泌尿器科

前立腺癌に対するHIFU(高密度焦点式超音波療法)療法について

 検査用超音波の数万倍という強力な超音波によって、前立腺癌を熱凝固させて癌を死滅させる新しい前立腺癌の治療方法です。早期の前立腺癌は、手術療法によって根治が可能であり、長年の実績から治療法としては一番効果が高いとされています。しかし、出血も少なくはありませんし、入院期間は約3週間と長く、また、術後の尿失禁、勃起機能障害などの問題もあります。
 何よりも、開腹手術というものは、患者さまにとっては非常にストレスとなるものです。HIFU療法は、こうした手術に伴う欠点を克服し、手術に匹敵するくらいの効果が期待できる治療方法なのです。

適応

  • 限局性前立腺癌の患者さまで年齢の制限はありません
  • 診断時のPSAが20ng/ml以下の方
  • 診断時の前立腺体積が40ml以下の方(初診時に超音波で計測)

利点

  • 3泊4日の入院で癌の根治的治療が期待できる
  • 手術療法に比べ低侵襲で合併症が少ない

費用

 現在のところ保険適応がありません。
 自費扱い108万円(税込み)となります。
 ただし、外来通院にかかる費用や前立腺生検等の費用は保険診療 となります。

装置 操作パネル画面
経直腸プローベからの前立腺の超音波像を見ながら、治療領域をセット。あとはコンピューターが自動的に前立腺に高エネルギーの超音波を照射します。
【HIFU治療】
コンピューターの治療状況を医師が画面でモニターし細かな調整を行います。

成田赤十字病院 交通案内はこちら