本文へ

成田赤十字病院


文字のサイズ :
活動・取り組み

診療受付時間のご案内

受付時間 8時30分から11時

※小児外科・形成外科
8:30〜15:30
※自動再来受付機
7:30〜11:00

但し、診療開始は小児外科14:00から形成外科13:30からです。

休診日 土曜日・日曜日 祝日 年末年始(12月29日から1月3日) 創立記念日(5月1日)

※上記以外にも、科によっては、休診の曜日があります。詳しくは外来案内をご覧ください。

外来案内

【現在地】 ホーム > 活動・取り組み > 活動レポート2017

活動レポート2017

楽しく赤十字のお仕事体験「赤十字KIDSCROSS2017」

 7月30日(日)イオンモール幕張新都心のご協力をいただいて、赤十字のお仕事体験「KIDSCROSS」を開催しました。200名を超える子どもたちの参加があり、どの体験コーナーも子どもたちに大人気でした。

*救護員体験*
 災害救護活動で着用する救護服に着替え、「敬礼!」。どの子も指先までピシッと伸びて、かっこいい姿を見せてくれました。
 無線の使い方を学んだ小さな救護員からは、「〜〜〜〜どうぞ!」と元気の良い声が聞こえました。また、会場外に設置した災害現場へ出動し、本部と無線で連絡を取り合いながら、けが人の手当てをしました。初めて三角巾を使った子どもたちですが、とても丁寧にけが人の手当てをしていました。

*義肢装具士体験*
 初めて目にする義肢装具に子どもたちは興味津々!実際に義足を着用してみると「歩くのが難しい」と口にしましたが、徐々にしっかり歩けるようになっていました。
 型取り剤で自分の指の型を取ったところに、石膏を流し込んで作った自分の指。「楽しい」「面白い」とできた指をじっと観察する姿も見られました。

*看護師体験*
 ナース服に着替えた子どもたちは、ナースキャップと聴診器を付け、気分はもう看護師さん!
 お父さんやお母さん、きょうだいの腕にあるシールの傷を消毒して包帯を巻きました。また、色水のお薬を注射器に吸い上げ、模擬の腕に注射もしました。体験中には、「大丈夫ですよ〜」「良くなりますように〜」と言う声が聞こえ、小さな看護師さんの立派な声掛けにびっくりしました。

*キッズ献血(献血模擬体験)*
 将来の献血を担う子どもたちに、献血の大切さを知ってもらうため、実際の献血の手順に沿って、受付や問診、採血などの一連の流れを体験してもらいました。
 千葉県学生献血推進協議会の学生さんが職員・医師・看護師役となり、子どもたちに笑顔で献血の大切さを伝えてくれました。参加した子どもたちからは、「献血のことが分かった」「楽しかった」などとても好評でした。
 
 当日ご参加いただきましたみなさまありがとうございました。











いんばふれ愛フェスタ2017に参加しました。

 6月10日(土)県民の日を記念して開催された「いんばふれ愛フェスタ2017」に出展しました。
 当院の実施した救急法体験コーナー、ナース服・救護服着衣体験には、多くのご家族の皆さまが体験に来てくれました。子ども達は、ナースや救護員になりきった可愛い姿や、救急法指導員の話をしっかりと聞くカッコよい姿をみせてくれました。
 また、印旛地域のご当地キャラクターに日本赤十字社の公式マスコットキャラクター「ハートラちゃん」も仲間に入れてもらい、イベントに参加しました。子ども達に囲まれ大人気のハートラちゃんでした。
ご来場いただきました地域のみなさま、ありがとうございました。





「しあわせの花 すずらん」が今年も届きました。

 6月1日、ANAグループの皆さまが、北海道千歳市近郊で咲いたすずらんの花と、すずらんの香りがする「しおり」を入院されている患者さまへ届けてくれました。
 「しおり」には、「すずらんの香りと共に皆さまの元へ幸せが届きますように。」「かわいいすずらんの花が皆さまに幸せを届けてくれますように。」など一つひとつ手書きのメッセージが添えられています。
 また、ANAグループの皆さまは、小児科病棟を訪れ、入院中の子ども達に丁寧にしおりを手渡ししてくれました。受け取った子ども達からは、かわいい笑顔があふれ、「嬉しかった。」「すずらんの香りで癒されました。」などの素敵な葉をいただきました。
 “しあわせ・幸福の再来”を花言葉にもつすずらんの花の贈呈は、今年で62回目となります。
 ANAグループのみなさん今年も素敵なすずらんのお花としおりありがとうございました。





車両贈呈式が行われました。

 3月30日(木)、訪問看護を利用されていた患者さまのご家族より訪問看護用の車両2台を寄贈していただきました。
 この車両は、訪問看護を必要とされる患者さまへの迅速かつ円滑な看護のために大切に使わせていただきます。
 このような素敵な贈り物に心から感謝を申し上げるとともに、これからも「こころあたたかい医療」の実践に努めてまいります。
 誠にありがとうございました。





「私たちは、忘れない。」〜未来につなげるプロジェクト〜

「私たちは、忘れない。」〜未来につなげるプロジェクト〜
あたりまえの日常が、
ガラリと変わってしまったあの日。
自分に何ができるのか懸命に考え、
行動した日々。
それぞれの想いを胸に、
前に一歩、
もう一歩。
一人ひとりが忘れず
未来にそなえることで、
きっと乗り越えられることが
あると思うのです。

日本赤十字社では、東日本大震災をはじめとした震災被災者の現状を「忘れない。」ことをテーマとし、日赤関係者が一丸となって本プロジェクトに取り組むことで、支援者及び赤十字社における連携の強化を目指すことを目的にこのプロジェクトを実施しています。

当院でも、職員等によるノベルティバッジの着用と東日本大震災の救護活動の写真を展示しています。

写真展示
期 間 平成29年3月1日〜3月31日
場 所 成田赤十字病院 A棟1階廊下

日本赤十字社特設ページはこちら
日本赤十字社千葉県支部特設ページはこちら





子ども達に素敵なプレゼントが届きました☆

 2月14日(火)、ユナイテッド航空の皆さまが入院中の子ども達にバレンタインプレゼントを届けてくれました。
 プレゼントをもらった子ども達は、少し照れながらも、くまのぬいぐるみを抱え、とても嬉しそうな笑顔を見せてくれました。また、ユナイテッド航空の皆さまに手を振る子ども達や英語で会話をする姿が見られました。
 ユナイテッド航空の皆さまが日本の子ども達にプレゼントを届けてくれるのは、当院が初めてです。このような機会をこれからも大切にしていきます。
 ユナイテッド航空の皆さま、素敵なプレゼントをありがとうございました。





訓練、訓練、A3西病棟で火災が発生しました。

 2月2日(木)、当院のA3西病棟で火災が発生した想定で、初期消火から非難の誘導、患者さまの搬送など、本番さながらの防災訓練を実施しました。
 当院職員からなる自衛消防隊員は、消火班、誘導班、搬送班、防護班など各班に分かれ、それぞれの役割を遂行しました。
 本当の火災では、今回の訓練以上に一人ひとりの行動力が重要になります。
 今後も繰り返し訓練を行い、職員一人ひとりの防災意識を高めていきます。





世界の11人に1人が糖尿病です。

 1月25日(水)公開健康講座が行われました。
 今回は、当院の糖尿病・内分泌代謝内科 橘香穂里副部長が地域の方々に「糖尿病について」講演を行いました。
 日本において、糖尿病と糖尿病予備軍の合計は2050万人で国民の5人に1人が該当する身近な病気です。
 糖尿病の初期には、ほとんど自覚症状がありませんが、進行すると様々な合併症を認めます。
 今回の講座では、糖尿病に関する理解を深め、糖尿病の発症予防やよりよい血糖コントロールおよび合併症の進行予防についてみなさまにお伝えしました。
 地域のみなさま、たくさんのご参加ありがとうございます。







成田赤十字病院 交通案内はこちら